DRMはもう古い?

最新の動画サイトにおいて特に有料の動画コンテンツサイトにおいて今まではDRMという著作権保護プログラムが多く用いられていました。DRMとはWindows Media Playerを使って動画を再生する際にライセンスサーバーに認証を行い、それが認められたものだけを再生するという保護方法で今までのコンテンツ保護としてはかなり多く用いられていました。その保護されているコンテンツの形式としてはwmv、asfが一般的であり、そのうちのほとんどがwmv形式を用いていました。ただ昨今の動画サイト事情においてコンテンツをダウンロードして再生するという方法はあまり多くと取られていません。

では一体どのような方法で動画を配信しているかというとブラウザ上で再生させるという方式で基本的にフラッシュプレイヤーを持ちいた動画配信が多いです。ストリーミングに暗号をかけて配信するrtmpeというプロトコルでの配信が多く、そのようなサイトの動画はなかなかダウンロードすることが難しく、今の動画コンテンツ史上では最新の動画保護技術ではないでしょうか。

それではwmvをDRM解除するのはなかなか難しいのかというとそういうわけではなく、DRMを解除せずに録画することで永久視聴可能なファイルを作成するムービーグラバーを使うとかなりカンタンに保存することができますし、DRMを解除しているわけではないので、法律の範囲内になります。気になる方はぜひともチェックしてみてください。

Posted in drm
コメントは受け付けていません。

CPRMはどんな保護形式なのか?

CPRMって一体なんだろう?DRMとは異なる著作権保護プログラムで一般的に動画や電子書籍のキャプチャをできないようにするプログラムです。ただし、これを著作権保護プログラムと言っていいのかは微妙なところです。それはなぜかというとこのプログラムはキャプチャするのに必要なプリントスクリーンキーを作動させないものなので、保護というよりもある意味ウィルスに近いような他のプログラムを攻撃するようなものです。なので、これを破るつまりプリントスクリーンキーを正常に作動できるようにすることが技術的保護の解除に当たるとはなかなか思えません。例えば、ブルーレイにあるような保護プログラムは自らを守るものですので、特に問題はありません。だたし、CPRMは非常に微妙なところなので、きっちりと法律で定めてほしいですね。でも法律を作っている人たちは年配の方々、つまりPCを使えないような層ばかりなので、このへんの微妙なニュアンスが理解できるのかが微妙です。これが技術的保護の回避にあたるのであれば、かなりのソフトが販売停止は法律違反に当たるようになってしまうのではないでしょうか。

年配の方々にもぜひともPCを使えるようになってこのような現状を理解していただき、新たな法律を定めていただきたいです。個人的にはもっと強固なプログラムを開発すれば、問題ないのではないかと思うのですが、やはりコストも掛かりますし、なかなか移行はできないようですね。

Posted in CPRM
コメントは受け付けていません。

最新のコンテンツ保護技術とは?

DRMは以前は多くの動画コンテンツを保護するために使われていた技術でした。特にダウンロード配信の場合は、WMPで認証しないと再生できませんでしたし、ブラウザ上で配信されているものをダウンロードしたとしてもそのダウンロードされたWMVファイルはやはり同様に認証してWMPで再生しなくてはならなかったので、非常に強固なものでしたが、時代の流れ的にブラウザ上で配信するフラッシュプレイヤーの形式が最近は主であり、DRMでのコンテンツ保護は時代と共に廃れてきているように感じます。

では最新の方法はフラッシュプレイヤーでの配信方法になりますが、その後の配信方法はどのようになるのでしょうか。私の考えですとやはりブラウザ上で配信されるということには間違いはないと思いますが、フラッシュプレイヤーを用いない再生方法になると予想します。それはなぜかというと今まではアドビに頼った方法でしたが、一企業に動画の運命を左右してもいいのかという問題から今ではブラウザの仕組みを使って動画を配信しようという流れになってきています。いわゆるhtml5というものですが、これはアドビのフラッシュプレイヤーに左右されずに動画を配信しようというものでがメインのものです。その他にもレイアウトの部分でCSS以外は使わないなどありますが、今後はこれが最新の流れにはなってくるでしょう。

Posted in 最新の保護技術
コメントは受け付けていません。